全国における水稲10a当たり平年収量、10a当たり収量、作況指数の長期動向(1883年(明治16年)以降)

ホーム・総合案内 2011年夏7月から9月の気象図
全国平均 北日本 中部日本 西日本 昨日の天気
稲作気象指数動向
気象要素別
予測作況指数動向 回帰・相関分析 誤差の動向
予測値の当てはまり 気象3要素の連動性 2要素からの予測 稲作気象指数と被害率 収量と作況指数長期動向 稲作気象指数解説 今後の気象予報  気象指数計算センター
水稲10a当たり平年収量、10a当たり収量、作況指数の長期動向(1883(明治16年以降)

水稲の単収は、着実に上昇しつつ、上下の年次変動を繰り返している。着実に上昇する要因は栽培技術の進歩であり、上下変動が生じる要因は、その年の気象(天候)の良否である。